SES事業パートナー募集ガイダンス

取引先のオフィスに常駐し技術的なサービスを提供

SES(システムエンジニアリングサービス)というのは、システムやソフトウェアなどの開発や運用業務等で行われている委託契約の一種であり、対象とする物の完成を目的としていなく、特定の業務へのスペシャリストの労働の提供を行っている契約のことを言います。

 

つまり提供元企業に在籍している従業員が取引先や客先のオフィスに常駐することで、技術的なサービスを提供することです。

 

労働法規では、業務請負の一種と考えられており、労務管理や指揮命令系統といったものが発注元企業から独立していなければいけないのですが、具体的に言える成果物をハッキリと明確にせず漠然と労働力を提供している委託形態となっているため、実際には派遣労働と同等の扱いとなり偽装請負と見られてしまう事例も多くあるので注意が必要です。

 

パートナー会社よりも情強であることが前提

大前提としまして、SESの営業においてパートナー技術者に来てもらうためには、その会社で持っていないような重要な案件情報を抱えていたり、プッシュすることが出来るような特別な顧客を持っていたりと、とにかく何らかの形によりパートナー会社と比較して情強でなければいけません。

 

またエンジニアというのは、採用活動をしなければ増やすことは出来ません。
継続的、定期的にパートナー稼動を増やしていきたいと考えているのでしたら、採用活動を積極的に行っている会社と予め仲良くなっておくことが大切です。

 

求人雑誌やネット求人サイトなどの広告を見て、そこに掲載されている会社にアプローチするのが一番手っ取り早い方法かと思います。

 

採用活動を継続的に行っているSESの会社というのは、稼動待機者も多くいる可能性が高く、エンジニアを出してくれるケースも多いのです。