SES事業パートナー募集ガイダンス

様々なところで批判的な意見を多く耳にすることがありますが、SIerを頂点としているこのSES業界の多重構造な仕組み自体というのは、今後もそこまで変わっていかないんじゃないかなと当サイト管理人的には考えています。

 

管理人は、この業界もかれこれ数年前から関わってきていますが、当時からもいつかは無くなってしまうとか、先細りとか言われてきていたのですが、企業の新陳代謝は確かにありますが、何だかんだ残っているのが現状です。

 

単純にこれはSIerにとりましては、雇用リスクを分散することが出来るという都合のいい仕組みとなっていますので、わざわざ壊してしまう必要がないからなんじゃないかと思っています。

 

実際にリーマンショックの頃に、SIer側でもリストラが積極的に行われていましたが、外注側には一律10%カットやバッサリ契約を切れば良いだけですので、比較的リスクコントロールがしやすいと言えます。

 

これはつまりお金を出す側が都合が良いと思っている仕組みを、わざわざ変更してしまう必要が無いと思っている以上、この業界の構造自体も将来的に変わることも無いかと思います。