SES事業パートナー募集ガイダンス

これまでに消えていったSESの会社はたくさん見てきていますが、急に飲食業に手を出したりとか、慣れない受託をやって失敗してしまったという事例が比較的多いように感じます。

 

あとは全く儲かるとは思えない自社サービスを始めたり、パッケージ製品とかを、営業力がないのにやってしまうパターンとかが失敗の原因です。

 

あくまでこれは管理人自身の持論なのですが、SESしかやってこなかった会社というのは、他に余計なことをすることなく、純粋に稼動数を増やしていくことに最大の注力をしていった方が良いかと思います。

 

そして新しいことをしたいという気持ちがあるのでしたら、別会社を新たに設立したり、事業部の採算を分けて会計を全く別のものとして計上した方が良いでしょう。

 

また、毎年社員旅行に出掛けているとか手当てをどんどん厚くしているとか、福利厚生を充実させ過ぎた会社なども結構あっさり飛んでいる傾向にあります。

 

社員旅行で毎年ハワイへ旅行へ行っていたのに、それが急に伊豆とかになったらヤバイ気がしますからね。

 

福利厚生というのは当たり前になるとそこまで感謝されることが無いのに、不況になると削りにくいものです。そもそもSESはそこまで利益率の高いビジネスでは無いので悩みどころです。