SES事業パートナー募集ガイダンス

少々与信的な考え方もあるかと思いますが、ある程度の規模の会社にまで成長していると、自分の会社よりも規模が小さな会社にエンジニアを出すことに対して良かれと思わない人も結構多くいるかと思います。

 

またこの辺についてはこの業界では暗黙の了解みたいなのがあり、なんとなく人を出す側と案件側に分かれて考えますと、人を出す側が小さい会社であるケースが多いです。

 

もちろん小さな会社であっても、強いコネクションを持っていたり、現場に近い案件を持っているケースも多いので一概には当てはまりませんが、人を出してくれる会社を探しているのでしたら、自社と同じくらい、またそれよりも小さめの会社にアプローチをするべきかと思います。

 

また社長や役員というのは決裁権を持っていますので、並行営業の判断や単価の交渉がスムーズという傾向があります。

 

社長や役員が自ら営業をしている会社というのは、他にも人事や総務や財務など様々な会社にまつわる業務を兼任しているケースが多く、基本的には多忙の人が多いと思います。

 

ですので、そのような会社は、自社のプロパーを決めてくれるフットワークが軽いSESの営業は、きっと歓迎してくれるかと思います。